日本語・English
お問い合わせ・contact ヘッド

私たち『Fairy Tale』は



英語を主としたバイリンガル環境 保育・心身の健康と正しい生活習慣 アート・個性を育むアートプログラム


を三本柱として、たっぷりの愛情で

子どもたちひとりひとりと向き合うことを

基本理念としています。

保育  心身の健康と正しい生活習慣

生きていく上で、すべての基本となるのが心身の健康です。

その基盤を作る、最も大切な期間が幼少期。

『Fairy Tale』では、たっぷりの愛情で子どもたちひとりひとりと向き合い

確かな信頼関係の中で安心して過ごせる環境をつくります。

その上で、日常生活の基本となる「食事・睡眠・排泄・清潔・衣服の着脱」の

5つの生活習慣を正しく習得。子どもたちの年齢や発達段階に応じて、また

毎月のテーマに合わせて、幼児教育における有資格、かつ経験豊富なスタッフが

独自のカリキュラムを作成し、そのカリキュラムに沿って日々の保育を行っております。

食べ物については、ご希望の方には無添加にこだわった

『PATATA(パタータ)』さんの野菜たっぷり自然食ランチを提供しています。

また『Fairy Tale』では、自然との関わりも大切にしています。

日々の生活の中で、自然と共存しているという実感を得られるよう、戸外で体を動かしたり

植物を育てたり、身近な自然に直接触れる機会を多く持ちたいと考えています。

上に戻る

英語  バイリンガル環境とグローバルな視野

『Fairy Tale』では、在籍する外国人スタッフだけでなく

日本人スタッフの日常会話も、基本的に英語を使用します。

子どもたちの耳が、常に、自然な英語に触れていて欲しいと考えているからです。

あくまでも、コミュニケーションのツールである言語(=英語)は

机に向かって学習するものではなく、日常生活や遊びの中で

自然に身についてこそ生きたものになります。

言語の習得において、いちばんのカギとなる「耳(リスニング力」の育成には

耳も脳も柔らかく感度の高い幼児期に、どれくらい多くの生きた英語に触れられるかが

大きく影響します(もちろん、必要な場合は日本語でお声かけいたします)。

『Fairy Tale』では異文化体験を積極的に取り入れ、英語も日本語も自由に使えて

世界中の多様な人々とコミュニケーションできる、広く柔軟な視野と

ボーダレスな"心"を育てて行きたいと考えています。

上に戻る

アート  想像力と創造性を育むアートプログラム

『Fairy Tale』が大切にしているもう一つのこと。それが"アート"に触れる時間です。

音楽や絵画、ダンスなど五感を刺激するアートを純粋に楽しむ事は

子どもたちの感受性を豊かにし、想像力と創造性を育む"心"の栄養になると考えているからです。

『Fairy Tale』では、子どもたちひとりひとりの"個性"や"才能"を見出し

大切に育んでいくために、さまざまな分野で活躍する

プロのアーティストたちが考案したアートプログラムを提供しています。

また、実際にアーティストをお招きし、アクティビティーを一緒に体験します。

曜日ごとに異なるプログラムを提供していますので、通常保育の一環として

また、習い事としてアートプログラム単独でご利用いただくことも可能です。

ママのためのプログラムもあります。

上に戻る